賃貸に住むまでの流れ

賃貸暮らしまでにする事

賃貸契約を結ぶまでの流れ

賃貸物件は、申し込みをしたらすぐに住み始められるわけではなく、申し込みから住み始めるまでに次のような流れがあります。借りたい物件が決まると、まずは申込書に必要事項を記入して申込金や手付金を払う必要があります。申込金は、家賃の1か月分を用意する必要があります。申込金を支払うと入居審査が始まり、本人確認や保証人への連絡が行われます。審査に合格すると賃貸契約を結ぶ日にちを決め、敷金や礼金、仲介手数料などの契約金を支払うと契約が完了し新しい住宅の鍵を引き渡してもらえます。通常はこのような流れですが、場合によっては異なることもあります。

江東区 賃貸ここで検索出来ますよ!
写真がかなり豊富です。まるでそこに言ったような感覚になれますよ。文字の表示も大きく情報も多くとても見やすいです。

部屋を契約するまでの流れ

進学や就職、転勤などで初めて一人暮らしをする人にとって部屋探しはドキドキするもの。そこで、賃貸物件の契約までの基本的な流れを説明します。まずは不動産屋さんに出向き、住みたい物件の諸条件を担当者に伝えます。その希望部屋を絞り出し、見に行きます。忙しいので見学せずに決めたいという人もいますが、後々トラブルを防ぐためにも一度は部屋を目で確認した方がいいでしょう。その後申込書に記入し、必要書類を提出して入居審査に通します。審査が無事に通過すれば契約となり、入居日に鍵を受け取って終了となります。ここまでの流れは約2~3週間程ですが、すぐに賃貸物件に入居したいという場合も相談に乗ってくれる業者はあります。まずは相談が大事。せっかくの住まい探し、納得や満足のいく部屋を選びたいですね。

賃貸に住むための情報