賃貸入居で用意する物

賃貸契約の前に役所へ

賃貸契約に必要になる書類

一人暮らしで賃貸契約をする際にはいろいろな手続きを行う必要があり、事前に必要書類を用意しておくとスムーズに契約を結ぶことができます。用意しておく書類は不動産屋さんに質問しておくことが一番ですが、一般的には次のようなものがあります。賃貸契約を結ぶには、入居者本人の住民票や印鑑証明、所得証明書が必要になります。住みたい物件を見つけることができたら、時間のある時に市役所や区役所に行って取っておくといいでしょう。必要書類には、保証人になってくれる方の印鑑証明も必要になるので、事前に用意してもらっておきましょう。

物件を借りる際の必要書類

賃貸物件を契約する際には、いくつかの書類を交わす必要があります。ここでは、基本的な必要書類について解説します。まずは契約の要である物件の契約書と重要事項説明書。これらは不動産業者が作成し、契約時に提示します。契約書には賃貸物件の名称や住所、貸主の氏名、契約期間などの情報が記載され、重要事項説明書には契約上の決まり事が詳しく書かれています。賃借人は両方に署名、捺印をします。続いて、本人確認書類。運転免許証などの身分証明書のコピーと、入居希望者全員分の住民票を提出します。また、収入証明書が必要なケースもあります。その他、進学で一人暮らしを始める学生さんの場合は合格通知書のコピー、駐車場利用者は車検証のコピーなど、必要書類は状況に応じて変わります。書類漏れやミスのないようにしっかり確認しましょう。

賃貸に住むための情報